リバウンド対策でダイエットの成功を

リバウンドの対策を立てることが、ダイエットの成否を分けます。リバウンドや停滞期は人の体には当たり前に起きることで、ダイエット中は避けて通れないことです。ただ体重を減らしたいだけなら、食事量を減らしたりきつい運動をすることです。気をつけるべきことは、このやり方はリバウンドが起きやすいということです。疲労がいつまでも消えないようなきつい運動や、すずめの涙ほどの食事しかしないようなダイエットは体に悪影響です。体にやさしい健康的なダイエットを心がけ、正しい食事制限や正しい運動を行うことが、リバウンドを最小限に抑えるための対策と言えるでしょう。人体にはホメオスタシオスという働きが備わっていますので、食事の量が減れば減ったなりに代謝の状態も変化し、結果的にリバウンドの起きやすい体質にシフトします。ダイエットをすることでホメオスタシオスがどう機能しているか理解することで、リバウンド対策も立てやすくなります。体重という数字以外に起きている体の変化を感じ取ることが、リバウンド対策になります。人の体は、5%以上の体重減少が1カ月で起きると危機的状況と判断し、ホメオスタシオスを1カ月ほど動かします。リバウンドが起きやすいタイミングや注意したいことについては、ホメオスタシオスの作用と体重の減り具合に注意を向けていれば察知できます。うまくリバウンドの対策ができれば、思い描いていた通りの理想のダイエットができるのではないでしょうか。

コメントを残す